腎臓病食は宅配で準備オッケー|気軽にパクパク健康食

夫婦

腎臓病の食事とは

笑顔の男性

制限される成分

腎臓病の治療で最も大切なのは食事療法で、腎臓に負担をかけるような成分の摂り過ぎを抑えることで病気の進行をおくらせることができます。食事療法で注意しなければならないのはタンパク質の摂りすぎです。これは、体内で分解するとほとんどが老廃物になってしまうので腎臓への負担が大きくなります。タンパク質は、主にご飯やパン、イモ類、果物などに多く含まれています。また、塩分の摂り過ぎも血圧が高くなる原因となり腎臓へ負担がかかります。それに、カリウムやリンを過剰に摂りすぎると余分なものは腎臓で排出されるので、これも腎臓の働きが弱まると排出が困難になる時があります。また、脂質や糖類で1日に必要なカロリーも十分摂ることも必要です。

業者に依頼しよう

医者からの腎臓病食の指示はかなり細かく、タンパク質や塩分、カリウムやリンの毎日の摂取量をグラム数で指定されます。かなり厳しい内容で毎日食材の分量を考えて献立を決めなければなりません。1日3食、腎臓病食を作る自信がないという人を助けてくれるのが宅配です。宅配業者は、毎日腎臓病食を冷凍や冷蔵で配達してくれるので便利です。宅配は栄養士が管理した食事で、不必要な成分はきちんと抑えられています。それに献立の種類が豊富で患者を飽きさせません。腎臓病食は塩分が抑えられていて、普通は塩分が薄いと料理も味気なくなります。けれど宅配なら塩分が薄いなりに工夫されていて美味しく作られています。それに宅配は、素材や品質にも気を配っている業者が多いのです。

Copyright© 2016 腎臓病食は宅配で準備オッケー|気軽にパクパク健康食 All Rights Reserved.